2008年10月10日

転勤

 
 って何ですか?それ食べられますか?

 ああ、そういえば前に何か言ってたよねぇ。で、転勤って美味しいの???

 と言うわけで、明日、というか本日お引越しです。
 ま、アフリカとか南米じゃないだけ、スカパー観られるだけまだ良かったという事で(笑)。

 日立台、遠くなるけど大丈夫。
 この前ナクスタで餞にボーイズオンリーできたから。あれ大好き!やってると幸せが体中に沁みてくる。

 骨の髄まで田舎者、恐らく一生大分弁で話すと思われるのに、戸籍ロンダリングに成功を収めた為、本籍地はメトロポリターンなんで、ちょくちょく帰ってくるのである。

 最初は近藤選手のポカをテレビで見て、何か気になるなぁ、この人、って、それだけの事だった。
 でもそこから始まって、レイソルを好きになって、レイソルを通して沢山の大切なものを貰った。
 今までの自分の人生にはなかったものだと思う。絶対一生大切にする。

 次、レイソルに、仲間に会えるのは最終節、神戸戦。
 どうか陽気にお肉食べられますように。

 あとね、来年の話をすると鬼が笑うっていうか、今の状態じゃぁ叱られそうだけど、天皇杯も頑張って欲しい。決勝戦は絶対行けるから。ね。

 
posted by パウラマリア at 00:55| Comment(2) | TrackBack(0) | レイソル愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

非情城市

 
 高校生の時に初めて見た侯孝賢監督の映画は「冬冬の夏休み」。
 同時上映は心のベストテンナンバーワン、「マイライフアズアドッグ」。
 両方とも公開されて何年か経っていた作品なので、オーナーがひと夏の少年の物語という観点でセレクトしたのかなぁって思う。

 小さな小さな映画館。オーナーのセレクトで一週間くらいの短い期間で色々なウェルメイドな映画を見せてくれるお気に入りの映画館。自分にとって特別な映画館。大分みたいな田舎でよくあんな気概を持って頑張っていると思う。シネコンなんてうんこ喰らえ。

 特別な事は何も描かれていないけど、自分の小さい頃の夏休みを思い出させてくれる、心の奥底にある小さな箱をそっと開いてくれるかのような映画だった。
 以降侯孝賢監督の作品はだいたい見ている。

 その中でも一際有名なのが「非情城市」。その舞台となった九分にはずっと行ってみたいと思っていた。 

非情城市.jpg
特等席.jpg


 坂の上から海を眺める。
 こういう場所が自分のツボなんだと気づいた。九分、アマルフィ。

 よくよく考えるとそれは子供の頃の自分の原風景。
 坂の上の家に帰る途中。振り向くと海。
 家でも、南を向けば海。
 
 
 あともうひとつツボが。
 色白。1に色白2に色白3,4も色白5も色白!!!!!!!!!!

 内村選手、近藤選手にそっくりやん。オリンピック前に見たNHKスペシャル、録画しとけばよかった〜(笑)。


 チラシの裏へ
posted by パウラマリア at 13:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅の手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

トンネルを抜けると

 
 そこは懐かしい風景が広がっていた。

 平べったくてだだっ広くてありえないほどむし暑くて、あっと言う間に鼻○そが大きくなる、空気が汚い関東平野。ちゅうかここ、さいたま(笑)。
 
 気候の良い場所で育ったから人間が緩いんです(笑)、私。かなり堪えてます。関東に越してきて二年半、レイソルドーピングや新婚ドーピングが育児疲れで切れつつある模様(笑)。

 チラシの裏へ
posted by パウラマリア at 09:26| Comment(3) | TrackBack(0) | レイソル愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

レイソル脳

 
 どーも皆さん、お久しーぶりーず。
 
 自分が更新をサボっている間についにあのお方が再開されていたのを知り、ようやく重い腰をあげる事とします。
 
 しかし、息子連れで柏まで行くのは大変だから、手近なアルディージャの練習見に行こっかな、なんて時々思うのは内緒です。

 チラシの裏へ
posted by パウラマリア at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | レイソル愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

遅すぎた出会い

 
 最近息子と一緒に見るようになった、NHK教育テレビ。これ、本当すごい。
 子供の時は何も考えずに見てたけど、大人になってからその素晴らしさが初めて客観的にわかった。
 お金払っていない人には見せなくていいよ、教育テレビは。もったいない。

 フレーミーの歌を始めて聴いた時、井上順ぽい〜って思ったけど、まさか本当にそうだと知った時は思わず膝をたたいた。凄いセンスイイ!!!。ぶらぼー!!!

 ピタゴラスイッチと夕方クインテットが大好き。息子そっちのけでテレビに釘付け。レイソルの選手とレイ君にもアルゴリズム行進してほしい。

 そして老舗中の老舗。おかあさんといっしょ。
 何だか気持ち悪い着ぐるみのキャラクターが嫌だし(笑)、実(じつ)はテレビ自体まだ早いって思ってたんだけど、同じくらいの月齢の子達がテレビを見ていてまねをしたりするようになったって聞いたので、刺激を受けるのは良い事かなぁと、時間と番組を決め込んで、見せることにした。
 あ、サッカーの試合はスカパーで垂れ流してるのですが(笑)。

 うたのお兄さん、実(みのる)に似てる。無理やり顔をくしゃっとさせた作り笑いが苦手だけれども、ミュージカル上がりのとってもねっとりした爽やかさの好青年風情。
 一方お姉さんは正統派美女。歌が上手なのは当然、声も綺麗。それもそのはず元宝塚らしい。そしてかなりの天然画伯
 何か見ていてとてもしっくりくる二人である。

 で、その二人が卒業だって。見始めたばっかりなのに。嫌だ〜さみしい〜と思っていたところ、次のおにいさんとおねえさんをたまたま目にする機会が。その、あの、…(笑)。

 最近、小さい子の美醜に対する感覚って極めてプリミティブで残酷なものだと気づいた。特にうちの息子殿は(笑)。何かにつけて嘘がないもんね。まぁそこが可愛いところでもあるんだけど。

 チラシの裏へ
posted by パウラマリア at 21:13| Comment(6) | TrackBack(0) | レイソル愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。