2005年09月08日

むーつきひーひーちょこまかてんてん

 

 今年もよく行きます、熊本。
 来週も。何故かグランパス戦は去年に引き続き熊本。今年は駐車場が水没しませんように〜。
 同じ日にロッソが天皇杯の1回戦(V.S.三菱自動車水島FC(岡山代表))みたいだから、時間に余裕があれば、はしごしてみようかな〜。
 水前寺→KKウイング。駐車場さえ確保できれば大丈夫と思うんだけど。

U-18アジア1次予選開催代替地決定のお知らせ
posted by パウラマリア at 12:00| Comment(4) | TrackBack(1) | 北京世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

長いその腕で思いの丈を放つ!

 
 久々にトリニータの練習見学。ここ1週間生きた心地しなかったから、なんとか生気を取り戻そうと、やっぱり、サッカー。きれいな芝生を見てるだけで心が動き出すのがわかる。

 オフ明けらしく、信じられないくらいの人出だった。しらない間にきれいなクラブハウスも建っててびっくり。聞けばクラブハウスの半分どころかほとんど全部が優しさ(寄付)でできてるらしい(涙)。

 でも。犬飼の方が好きだ。練習みにくいんだもん。
 椅子を置いて座ると柵の高さとちょうど悪くて結局2時間以上立ちっぱなし。
 クラブハウスがちょうど真ん中に建ってて、その両脇からピッチを見ることになるから、どっちから見ても見通しがすこぶる悪いし、ピッチが遠い。

 ゴールキーパーが練習してるサイドで、雨上がり、髪の毛が西日にきらきらしてた西川選手を見てました。
 あぁ、いい選手だなぁ、トリニータにとってはほんと、宝物だろうなぁって。思いながら。

うさんし.jpg 


 そして。何であたし、大分県民やに、大分生え抜きの西川選手とっても大好きなのに、トリニータにここまで無関心なんかなって。ふと思った。なんでかな。ほんと、わからん。

 バーゲンフェアの日程が発表になったから、次はいつ柏行くかなとか、そんなことは必死に考えるのに。ほんと、なんでかな。

 なんて。トリニータについて、ちょっと考えてしまった夕べなのでした。
 
 でも。東アジア選手権見るころには忘れてたけど(笑)。

 つまんなかったねぇ。もう残り不戦敗でいいから、さっさ帰ってきたほうがいいんじゃ?(笑)

  
posted by パウラマリア at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 北京世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

返せ!睡眠時間!!!

 と言っても。水野君が下がった時点で眠りについた自分は勝ち組。
もうね、兵藤君にはごめんけど、あなたがinすると薄々はわかってても、実際目の当たりにするとね。無理。
 で、朝起きて最後だけ確認したけど。全部liveで見てたら今日一日廃人決定してました。
すごい脱力感。みんな頑張ってるんだろうけどね。ばらばら。

 愛するレイソルのパンソー君が結構気になる。自信なくしてなければいいけど。君はできる子だからね!胸張って帰っておいで。そしてレイソルで頑張ってくれ。ないと大変困ります・・・・・。

 そう言えば、先日めずらしく九州は熊本でユース代表の合宿&試合がありまして。
 自分が見に行った日は前日がJリーグの試合日でパンゾー君と、今回この二人だけは世界と互して戦ってるなと頼もしく感じさせてくれた水野&家長君と別メだったので、練習内容はほとんど記憶にはないのですが。

P1030230.jpg
P1030204.jpg

 カメルーンとの試合の方も平山君が神懸かり的に外しまくってました。十分今回の結果を予見させるものであったのですね・・・・実は。

 その代わりに。一緒に行ってくれた友達がくまさんのキャラに大喜び。あれだけイケメン揃いと名高い選手たちには一切目もくれず・・・。行った甲斐があったというものです。が。やっぱくまさんも無理。悪い人ではなさそうだけど。もうね、しばらく見たくないし声聞きたくない。別にお顔がアレだからじゃぁ断じてありません!!!
 でも。もし。北京もこの人だったら・・・・・・・・。ガクブル。
 
 代表は基本的には外国人に見て欲しいなぁと思う。 日本人の指導者を育てないといけないのもわかるけど、別口でやって欲しい。
 逆に指導者だって外国に行った経験とかあって、どんなカテゴリーだっていいから経験積んで実績あげた人を登用して欲しい。例えば幸谷さん!とか、この間FOOTに一緒に出演していらした佐伯さんとか。短絡的(笑)ですが。
 とにかくよくわかんないけど、日本の協会のS級ライセンスって、どれだけのものなのかなぁ???とJの一部を除いた日本人監督みてたら思ふのです。




 
posted by パウラマリア at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 北京世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。