2008年02月01日

strangers in the mitsuzawa

 
 シナトラの「Strangers In The Night」をうたっておりました。たまに。息子を寝かしつける時に。メモった歌詞見ながら(笑)。
 
 何か好きなの、この曲。切ないけど心の中をぽっと灯してくれるような気がして。個人的に。

 でもやっぱり日本人。結局今は「げんこつ山のたぬき」さんにお世話になっております(笑)。


チラシの裏へ
posted by パウラマリア at 13:39| Comment(2) | TrackBack(0) | アトランタ世代寵愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

sympathy

 
 今年もこの季節がやってきました。
 また1人、アトランタ世代がピッチを去って行きます。
 
 望月選手も横浜FCを8月一杯で契約満了。今はコメンテーターをやっているみたいだし。
 
 …寂しい。駄々っ子のようにひたすら地団太を踏みたい気分。

 昨日の代表戦、オグが冒頭に出てきてあれやこれやとそつ無くトークしているのを見て、チャンネル変えちゃったよ。何なんやろ、このやるせない気持ちは。

 チラシの裏へ
posted by パウラマリア at 12:03| Comment(4) | TrackBack(0) | アトランタ世代寵愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

親愛なるマコさんへ

 
 あなたがいなければ申し込んでなかったですよ、ワールドカップのチケット。
 本当はドルトムントが好きだからヴェストファーレンがよかったなんてのは内緒だけど、いいんです。

 「TANAKA」のユニを着て、確かに足跡残してきました。ニュルンベルク。


チラシの裏へ
posted by パウラマリア at 06:50| Comment(0) | TrackBack(1) | アトランタ世代寵愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

キタ━━━ヽ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )人(゚∀゚ )ノ━━━!!!!

 
 FIFAからメールキタ━━━ヽ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )メ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )メ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )ノ━━━!!!!

 ようわからんけど、たぶん補欠合格したっぽい!

 18日のクロアチア戦。丁度その日はウィーンに居るのよ。ニュルンベルグはそう遠くはなさそうだから、何とかなるかも!!!

 マコさんユニ着ていきたい!!!!!



posted by パウラマリア at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アトランタ世代寵愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

汗じみは淡いブルース

 
 朝からバタバタしていて、洗濯機を回していたのをすっかり忘れて放置。
 夕方近くなってようやく思い出して、しわを伸ばし伸ばし干しておりました。

 すると…。南の方から何か聞こえて来る。聞いた事ありそう。耳を澄ます。

 POU?えええええ、幻聴???
 
 チラシの裏へ
posted by パウラマリア at 02:13| Comment(2) | TrackBack(0) | アトランタ世代寵愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

あふれ出すばかり。

 
 お茶碗としゃもじ落とした。涙がとまらん。
 
 
 短く事実だけ伝える、そんなたった一言で、マコさんの今までの苦労が…。簡単に言ってくれるな…。

 ドイツにまで入ったのに、W杯を目の前にして、どんな思いで決断したのか。

 考えようとすると気が触れそうになる。自分の無力さにうちひしがれる。

 チケットはとれなかったけど、合宿地のボンにはまわってみようかなと、少し思ってたんだけど。もう、いい。

 始まる前から何て苦々しいワールドカップなんだ。

 これから1ヶ月あまり世界中が狂喜している間、自分の身の処し方は。

 日本戦、絶対見ない。




 
 
 この圧倒的な喪失感は何をもってしても購えない気がする。
 



 
posted by パウラマリア at 08:02| Comment(2) | TrackBack(0) | アトランタ世代寵愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

未来はボクらの手のなか

 
 わかってはいたけれど、やっぱり選ばれて一安心。
 おかげで昨晩はぐっすりと眠れました。
 残念ながら夢にはマコさんではなくて巻選手が出てきましたけどね(笑)。

 マコさん、ありがとう。本当に嬉しい。ありがとう。


チラシの裏へ
posted by パウラマリア at 14:58| Comment(2) | TrackBack(0) | アトランタ世代寵愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

俺が夕焼けだった頃。

 
 弟は小焼けだった。
 
 お袋はしもやけで親父は胸焼けだった。
 
 わっかるかな〜、わっかんね〜だろ〜な〜。


 こんばんわ。しょかくやちとせです。

 行ってまいりました。埼スタ。初の代表練習見学。

チラシの裏へ
posted by パウラマリア at 00:48| Comment(2) | TrackBack(0) | アトランタ世代寵愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

チャリでスタ。

 
 ものすごく幸せな事。自分の生活圏内にサッカースタジアム。
 
 これが日立台だったら…なんて。
 
 つい数ヶ月前まで大分に居たんだから、620円で日立台に行ける今だって十分幸せなのに、何て欲の皮が厚いんだ(笑)。

 マコギャルして来ました@駒場。

チラシの裏へ
posted by パウラマリア at 00:29| Comment(2) | TrackBack(0) | アトランタ世代寵愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

モテれば官軍。

 
 小さい頃に誰かがこう言っていたのを聞いて、結構大きくなるまでこれが本当だと思っていました。
 
 はて、誰が言いよったんやろうか(笑)。

チラシの裏へ
posted by パウラマリア at 09:35| Comment(2) | TrackBack(0) | アトランタ世代寵愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

1973'Sのユウウツ

 
 第二次ベビーブーム頂点。
 
 大学入ると同時に女子大生ブームが去り、時代は女子高生へ(単なる逆恨み)。
 
 就職する時は、バブル崩壊のあおりを喰らい、ただでさえ少ない椅子取りゲームは熾烈を極めた。

 ま、ちゃんと戦わなかった自分に愚痴る資格は無いんですけど(笑)。



 

チラシの裏へ
posted by パウラマリア at 22:14| Comment(0) | TrackBack(1) | アトランタ世代寵愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

長月

 
 は寝覚月とも言うそうで。その表す所とは若干(笑)違うかとは思いますが、寝ても覚めても脳内マコさんで占められてた怒濤の田中誠強化月間も、本日の東欧遠征メンバー発表をもって一段落の運びとなる予定です。

チラシの裏へ
posted by パウラマリア at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アトランタ世代寵愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

遠州遠征記

 
 遠かったっす。磐田。辛かったっす。移動。でも。マコさんかっこイイ!男前!世界一!!!
 
 あまりの変貌を遂げていた名古屋駅。半泣きで切符売り場と新幹線乗り場を探して駆けずり回るはめに。
 だって誰に聞いても目印になるものとか教えてくれない、まっすぐ行って右、とかそんな感じでさ、こんなに人が優しくないなって思った土地は初めてです(きっぱり)。だって、他のチームにはあっさり勝ち点プレゼントするのに、レイソルだけには辛くあたるでしょ、グランパス(逆恨み)。
 あと、モリゾーとキッコロ人気ですか、人多すぎです。人に敷き殺されるかと思いました。
 
マコスキーな方はこちら
posted by パウラマリア at 17:46| Comment(10) | TrackBack(0) | アトランタ世代寵愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

『安息日に麦の穂を摘む』

 
 マコによる福音書2 27-28 なんちゃって(笑)。マルコです。

 「安息日は、人のために定められた。人が安息日のためにあるのではない。だから、人の子は安息日の主でもある。」

 そうなのです。安息している場合ではないのです!!!コンビニまでちゃりんこぶっ飛ばしてスポニチをゲット。

 店員さんにレジで、同じものを2部でいいんですか?って聞かれて、たぶんものすごい気味悪い笑顔で、「は い っ(ニヤリ)!!!」って答えた(笑)。 

家宝.jpg

 なんてナイスな笑顔なんだぁ!!!!!ガノタ王の座はまだまだパンゾー君には譲れないねっ!
 
 そうですよ、腹ブロックも踵おとしも偶然の産物ではなく、マコさんの経験と深い洞察力に裏打ちされた秘儀なのですよ…ふふふふふ

   
posted by パウラマリア at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アトランタ世代寵愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

けつバット。

 
 を最後に頂戴したのが、高校生の修学旅行の時。スキーのため訪れた長野県の宿舎で、酒盛りをしていたのがばれて、正座で廊下に横一列に並べられて。なんでこんな事思い出したかっていうと。
 名古屋駅構内で缶ビール買って、ばれないように駆けずりまわって必死になって隠してたなぁって(笑)。つい先日のことですね〜(無理)。
 愛の証ですよ。ちゃんと先生と信頼関係があれば。懐かしいなぁ。

 明後日、その時振りに名古屋駅に降り立つのである。
 長距離バスでなんと12時間。ちゃんとバスの中でぐっすり眠れるように、今日明日は農繁期の農家の嫁ばりにせっせと働いて、体を疲れさせる予定だったのが。
 のどがいがいがしてきたので、先ほどイソジンでうがいをしました。先走ってパブロンも飲んでみました。そして、仕事の手を休めてブログを更新しています(笑)。
 
 お医者さんに、さっさと切り取ってしまいましょ♪と何度言われたかわからない自慢の扁桃腺が…。知恵熱を発しそうな予感です。悪寒です。 
 それほどまでに体がマコさんのお膝元を訪れる事に興奮しています(笑)。今まで10年以上応援してたのに、何でこのタイミングで初訪問なのか、自分でもわかんないんだけど(笑)。

 試合前に、チームショップでサイン会、出場停止だからマコさんかもしれない♪なんて、大人気のマコさんのこと、ライバルが増えて先着200名様に漏れたら困るので、絶対誰にも教えないのである♪ね、ユキさん!当日はよろしくお願いします!

 …ええぇっと。ちゃんとアウェイ立見席買ってありますので(汗)。


posted by パウラマリア at 15:32| Comment(6) | TrackBack(0) | アトランタ世代寵愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

待ち人きたらず。

 
 って、絶対書いてあるはずだ。もし自分がおみくじをひいたならば。そもそも神様違いの自分がひいてあたってるのかどうか(笑)、わかんないんだけどね。

 マコさん、有給とっちゃった。過密日程のおり、ほんとだったら素直に「ゆっくり休んでね。」って言いたいところなんですが。よりによって。

 何 で あ た し が 初 め て ヤ マ ハ 行 く 時 な ん だ よ 

 って。愚痴りたくもなるのです。近藤選手も、永田選手も今年は1回も大分来られなかったし、マコさんもオールスターすんでの所で抜かれちゃうしさ。

 ま、マコさんのホームスタで、マコさんの背中目掛けてレイソルコールはちと、辛かったかもしれないから、これでよかったんだと、ポジティブになってみるテスト(号泣)。 


バンディオンセ神戸に興味のある方はこちら
posted by パウラマリア at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | アトランタ世代寵愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

壁際の花

 
 こんな眠れない夜のBGMは、オリジナルラブの「WALL FLOWER」です。まさしく今の自分のこころ、田島貴男ばりに吠えたい気分ですよ。

 やっぱりです。やっぱり追い抜かれてました。三浦淳選手は大分県民だしある程度は予想してましたよ。でも。
 
 ア ン デ ル ソ ン ・ リ マ に ま で 。1人組織票では、オレンジ軍団には敵うはずもなく。

 でも。これで東欧決まり。ラトビアは全然知らないけど、ウクライナはシェバ(しか知らないけど)と対戦できるのかもしれない!
 W杯予選を1試合見たけど、かなり手強いのは間違いない。想像すると、うきうきするなぁ。どうやって押さえるんだろ。

 ジーコ様。変な気おこさないでね。普通にマコさん真ん中でお願いよ。くれぐれも。茶野さん真ん中でマコさんストッパーとか、いやだからね。

 
 行き交う世界中の言葉の中街の中の転がる石のように〜♪
 誰も気付かない(涙)〜愛しい壁際の花よ〜♪
 
 いつの時にも僕の心に咲いている花よ〜♪

 
 そうそう。一日15票×30日は投票してましたよ。近藤選手にも。何位だったんだろ?
posted by パウラマリア at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アトランタ世代寵愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

発露する瞬間

 年々花の咲き具合が寂しくなっているような気がする、家の前の桜並木が、薄桃色から優しい新緑に移ろいだ頃だった、「Number」を久しぶりに購入した。
 
 別に25周年特別記念号だったからじゃないよ。愛するマコさんが表紙だったから!
 
 と言っても。試合前、集合写真を撮影する直前の一瞬を捉えたものだと思うんだけど、試合中さながら、中田(英)選手の横というポジショニングが抜群で、偶然の産物ぽっかったんだ(笑)。
 でも、そんなのどうでもイイ!!!とにかく。立ち読みせずに、ほくほくしながら携えて帰ったのである。

山本浩御大と山際淳司さんがお好きな方はこちら
posted by パウラマリア at 12:58| Comment(2) | TrackBack(0) | アトランタ世代寵愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

マコトに恐縮ではございますが、

 

 ただ今、ひっそりと田中マコ祭り開催中でございます。
 
 レイソルの試合につきましては、結果以外は情報をシャットアウトしておりますので、明晩の放送を見てから喜びに浸ることとさせて頂く所存でございます。


ってことで、早速スタート!!!!!
posted by パウラマリア at 01:52| Comment(8) | TrackBack(0) | アトランタ世代寵愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

かっぽう着

 
 を着せたくなるのである。無性に。この若者を見ていると。

 瓜実顔にしなしな(笑)の黒髪。何か旨いものこしらえてくれそうな。
 長谷部誠さん。まだ21歳だって。


 去年のシーズン当初。山瀬選手好きだから、若いもんがいきがってるねぇと思ってたら、ジュビロ戦で見せた終了間際の鬼神のようなドリブル突破からのゴールで軍門に下ってしまった。
 イイ選手。技術も、気持ちも、戦術眼ていうのだろうか、試合のツボを押さえたプレーというか、そういうのも。
 この日も前半は???って感じだったけど、後半は別人のようにゲームを仕切っていた@初・埼スタ。

おかん.jpg 

 
 新松戸駅で、まさか上階にホームがあるとは思わず、相当うろうろしてやっと見つけた武蔵野線に乗って埼スタに出発。
 赤い人がちらほら出てきたのに、見慣れないものだから反応が遅れて、東川口駅で乗り過ごしてしまった(笑)けど、それ以外は混雑もしてなくてスムーズに到着した。やっぱ都心になるべく近い所で新設するとなると、これくらいの所になるんかなぁ、ってくらいのどかな所だ。

 レッズのチケットを初めて購入したけど、席の区分に驚いた。ピッチにより近い1階席の方が、安い!
 そして。ここはレッズを応援して下さる方の為の席です、というような事を明記してある。と言うことは、基本的には赤い人しか座れません。ってことなんやぁか。

 ビッグアイもトリニータシートなるものはあるけれど、それはゴール裏とそれに近い場所と2階席。バックスタンドの中央はA席で、高い料金設定で特にトリニータを応援する人とは明記してない。
 
 この違い!!!何て素敵な配慮だろう。素直に感服。レッズって昔はお荷物とか言われてたのが、ここまでビッグクラブになったのはそれなりの理由があったんだろうなって思った。

 なので、おうちを出る時に去年ビッグアイで購入した長谷部さんのタオマフを鞄に入れたつもりたったんだけど・・・・。気のせいだったみたいで、ちょっと肩身の狭い思いで、なるべく爆心地から離れた所で席に着いた。それでも周囲は真っ赤っかだったけど(笑)。

 今までである程度大きな規模のスタジアムで行ったことあるのは、国立と、広島と、神戸ユニバとビッグアイくらい。専用でこんな大きな所は初めて。これだけ大きいと専用でも見にくいんだろうと思っていたら、そんなことなかった。快適快適。前の方だとやっぱちょっと雨に濡れるけど。
 でも。ピッチがすごく遠く感じたのはきっと日立台のせい。まったくもって罪なスタジアムである。

 
 試合の方は、新潟がかなり引いて守ってて、しかも定石通りに先制して、それをレッズが取り返すという絵に描いたような展開。かなり楽しませてもらいました。


 ソリさん。むかぁぁぁぁし、当時では珍しく海外のチームソングなんかとコーネリアスとかの曲が入ったトラットリアから出ていたコンピのライナーの中で、でイイ!って言ってたCD、買って聴いてましたよ。監督さん♪

 モトさん。お久しぶりです。ちょっとばかし体のキレが(笑)。でもお元気そうで何よりです。この前タンスの奥からひょっこり出てきた1997年当時、韓国戦でループ見た後に記念に買った日本代表Tシャツ、もう一枚持ってるからオークションに出したら売れちゃいましたよ。新潟のサポの方に!
 その方はこの雨の中新潟からいらっしゃっているのだろうか。すっごいたくさんのサポーターが詰めかけてるけど、新潟から埼玉って、ひょっとしてそんなに遠くないんかな。
 
 
 そして。岡山選手。この人を見るたび切なくなる。何で小倉選手はミスターグランパスになれなかったのかなって。同い年だし。

 結局ここかよって(笑)。相変わらずアトランタやフリエでで頭がいっぱい、懐古ばっか。


 
 ニック・ホーンビィの「ハイフィディリティ」っていう、大好きな小説、心の一冊がある。
 
 この人はイギリス人らしく常にサッカーが物語の中に出てくるし、この作品はジョン・キューザックが自ら版権を買って映画化してるからそこそこ有名かな?
 主人公のちょっとうだつのあがらない感じがとってもチャーミングだった。小説とぴったりあってたと思う。
 
 この小説の中で、
 
 「すべてがあっという間だった。大人になったら花も実もある有意義な時間をたっぷり過ごせるものだと思っていた。だがそれは、たった2年間しか続かなかった。あれ以降起きたどんなことも、出会ったどんな人も、ちょっとした気晴らし以上のものではなかったんじゃないだろうか。そんなふうに思うことがある。60年代を忘れられない人がいる。・・・・・・(中略)・・・・そういう人は、そのときから、うしろむきに歩きはじめる。ぼくはチャーリーを忘れる事ができなかった。ぼくにとって大切なこと――ぼくを定義するようなことは、すべてあの時期に起きた。」
 
 という一節がある。
 
 これ。ここ大好き。サッカーにおいて、そっくりそのまま自分のアトランタ以降にあてはまるから・・・・・。


 でも。この主人公は、物語の終幕でまた素敵な彼女を見つけて人生を続けていく希望を見いだすんだ。
 自分も去年からレイソルを応援するようになって、長谷部さんのような未来ある若者のプレーも見ることができて、マコさんの代表姿も拝むことができてる今、とっても幸せなのである。



 アテネ世代にカテゴライズするつもりで書き始めたら、結局アトランタに(笑)
 もしもこの超絶ロング駄文を最後まで読破してくれた人がいたら、(^ε^) !!!
posted by パウラマリア at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アトランタ世代寵愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。