2008年03月13日

遅すぎた出会い

 
 最近息子と一緒に見るようになった、NHK教育テレビ。これ、本当すごい。
 子供の時は何も考えずに見てたけど、大人になってからその素晴らしさが初めて客観的にわかった。
 お金払っていない人には見せなくていいよ、教育テレビは。もったいない。

 フレーミーの歌を始めて聴いた時、井上順ぽい〜って思ったけど、まさか本当にそうだと知った時は思わず膝をたたいた。凄いセンスイイ!!!。ぶらぼー!!!

 ピタゴラスイッチと夕方クインテットが大好き。息子そっちのけでテレビに釘付け。レイソルの選手とレイ君にもアルゴリズム行進してほしい。

 そして老舗中の老舗。おかあさんといっしょ。
 何だか気持ち悪い着ぐるみのキャラクターが嫌だし(笑)、実(じつ)はテレビ自体まだ早いって思ってたんだけど、同じくらいの月齢の子達がテレビを見ていてまねをしたりするようになったって聞いたので、刺激を受けるのは良い事かなぁと、時間と番組を決め込んで、見せることにした。
 あ、サッカーの試合はスカパーで垂れ流してるのですが(笑)。

 うたのお兄さん、実(みのる)に似てる。無理やり顔をくしゃっとさせた作り笑いが苦手だけれども、ミュージカル上がりのとってもねっとりした爽やかさの好青年風情。
 一方お姉さんは正統派美女。歌が上手なのは当然、声も綺麗。それもそのはず元宝塚らしい。そしてかなりの天然画伯
 何か見ていてとてもしっくりくる二人である。

 で、その二人が卒業だって。見始めたばっかりなのに。嫌だ〜さみしい〜と思っていたところ、次のおにいさんとおねえさんをたまたま目にする機会が。その、あの、…(笑)。

 最近、小さい子の美醜に対する感覚って極めてプリミティブで残酷なものだと気づいた。特にうちの息子殿は(笑)。何かにつけて嘘がないもんね。まぁそこが可愛いところでもあるんだけど。

 チラシの裏へ
posted by パウラマリア at 21:13| Comment(6) | TrackBack(0) | レイソル愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。